大豆のマメ知識

今年の節分が124年ぶりに2月2日のワケ

節分と言えば、2月3日と思っている方は少なくありません。今年は、124年ぶりに2月2日と知ってびっくりした方も多いのでは?
では、なぜ2月2日になったのでしょうか?

そもそも、節分とは?

古代中国で考案された二十四節気を大体の季節の指標にしており、各季節の始まりである立春・立夏・立秋・立冬の前日を季節の分け目とし、「節分」と呼んでいました。二十四節気の最初の節気で1年の始まりを表す「立春」の前日である「節分の日」はその年の節目となる日とされ、邪気(鬼)を払い福を呼ぶ豆を食すのが通例とされていました。

節分が2月2日になったわけは?

節分は立春の前日と説明しましたが、立春とはいつなのでしょうか?
立春の日は、太陽の1年の動きを黄道を24等分した二十四節気で決められます。
太陽の1年は365.2422日=365日+6時間弱のため、太陽暦のカレンダーはうるう年が存在しています。6時間弱×4年でほぼ1日分のうるう年を作ることで季節とカレンダーが大きくズレないように調整しているのです。

そのため、立春は2月4日となることがほとんどですが、「ほぼ1日」という微妙なズレが生じる稀なケースが生じ、2021年は2月3日が立春となり、節分も2月2日となったのです。

 

合わせて読まれています