大豆のマメ知識

高栄養で飲みやすい!ソイプロテイン(大豆プロテイン)の特徴

大豆由来のたんぱく質、ソイプロテイン。カラダづくりや健康維持に人気があるソイプロテインにはどのような特徴があるのでしょうか。数あるプロテインのなかからソイプロテインを選ぶメリット、おすすめの飲み方など、ソイプロテインの魅力をご紹介します。

大豆由来の植物性プロテイン。ソイプロテインの特徴は?

ソイプロテインとは、その名のとおりソイ(大豆)を原料につくられた植物性のプロテインを指す言葉。大豆に含まれているたんぱく質を粉末状に加工したもので、牛乳を原料としたホエイプロテイン、カゼインプロテインと同じくカラダづくりに必要なたんぱく質を補給できる食品として重宝されています。

数あるプロテインからソイプロテインを選ぶメリット

さまざまなプロテインが売られているなか、ソイプロテインを選ぶメリットにはいったいどんなものが挙げられるでしょうか。

引き締まったカラダに。筋肉づくりをサポートしてくれる

ソイプロテインには大豆たんぱく由来の大豆ペプチドが含まれています。大豆ペプチドには筋肉の損傷を防いだり、筋肉痛を軽減したりしてくれる効果があるといわれているため、ソイプロテインはトレーニング後のたんぱく質補給にぴったりです。

乳糖不耐症やミルクアレルギーの人でも飲める

大豆由来のソイプロテインは、乳製品にアレルギーがある人や乳糖が消化できず牛乳でおなかを下しやすい乳糖不耐症の人でも安心して飲むことができます。

コレステロール値や中性脂肪を低下させてくれる

ソイプロテインに含まれる大豆たんぱく質には、血中コレステロールや中性脂肪を低下させる効果が期待できると考えられています。

肌のうるおいや髪のハリ、ツヤをアップしてくれる

ソイプロテインには、女性ホルモンと似た働きをしてくれる大豆イソフラボンが含まれています。大豆イソフラボンには、肌にうるおいを与え、髪のハリやツヤをアップさせてくれる効果が期待できると考えられているため、美容のためにソイプロテインを摂取しているという人も多くいます。

食事量を減らしたいときにもおすすめ

吸収速度がゆるやかなソイプロテインは満腹感を得られやすいのも特徴です。食事の前に摂取すれば満腹感が得られるので、減量のために食事量を減らしたい人にもおすすめです。

いつ飲む?ソイプロテインを飲むベストタイミングは?

プロテインはトレーニング後のたんぱく質補給として飲むのが一般的ですが、ソイプロテインを飲むタイミングにルールはありません。運動をしていない日のたんぱく質補給として摂取してもいいですし、朝食の代わりに置き換えることでカロリーをセーブしながらたんぱく質をしっかりと補給するのもおすすめです。
また、ソイプロテインは夜眠る前に飲むのもおすすめ。たんぱく質を吸収してくれる成長ホルモンは、睡眠後30分~3時間のあいだに最も活発に分泌されると考えられています。そのタイミングでたんぱく質を摂取することで、吸収の効率化をはかることができるのです。ソイプロテインは吸収が遅いため、就寝する30分~1時間前に摂取することで、成長ホルモンが分泌されるピークに合わせることができます。
とはいえ、「このタイミングで飲むべき」ものという縛りはないので、目的に合わせて飲むタイミングを考えるのがベターです。

ソイ(大豆)プロテインの特徴まとめ

ソイプロテインは、ビタミンやミネラルなどさまざまな栄養が添加された商品が多く、たんぱく質と一緒にさまざまな栄養が補給できるので、サプリメントのような感覚で飲めるのも特徴です。味も飲みやすくおいしくいただけるものが増えているので、いろいろなソイプロテインを楽しみながら日常に取り入れてみてくださいね。

合わせて読まれています